会社設立についてのメインコンテンツ

融資に強い理由

融資を受けるにあたって

経営者にとって最も頭を悩ませる問題は資金繰りや資金調達、つまり、お金が足りない、借りられないということだと思います。
経営者としてやりたいことや欲しいものはたくさんあるのに、お金が足りないために躊躇したり、少し業績が悪くなるとたちまち支払いのお金に苦労したり、経営者であれば少なからず経験する悩みだと思います。
こういった経営者の悩みを解決するのが銀行などの金融機関のはずですが、必ずしも金融機関が融資をしてくれるとは限りません。
お金に困っている会社ほど「返してくれないかもしれない危ない会社」と判断され、体よく断られてしまいがちです。
しかし、銀行は決して貸したくないわけではありません。
銀行は貸して利息をもらう商売ですから、「きちんと返してくれそうな良い会社」には貸したいものなのです。
つまり、金融機関に「良い会社」と判断してもらい、継続して融資を受けることができれば、最大の悩みである資金繰りや資金調達の問題は解決することができるのです。

融資に強くなる方法

銀行が融資を決定する際に、企業を判断する材料が3つあります。

  1. 会社の過去の「決算書」
  2. 設立まもない会社で決算書がない場合には「事業計画書」
  3. 過去の決算書の内容が悪いがなんとかしたい場合には「改善計画書」

これらの対策を行う事で、金融機関に対して「良い会社」の印象を与え、融資に強い会社にしていくことが可能です。