会社設立についてのメインコンテンツ

決算の注意点

決算の注意点イメージ

決算を迎えるにあたり、最も重要となるのが期間損益という考え方になります。
当該事業年度に係る収入と経費について検討することが基本となります。

1.現金残高の確認

現金の実在残高と帳簿上の残高が一致しているか否かの再確認を行うとともに、残高の多寡についても併せて確認する必要があります。

2.売掛金残高の確認

取引先毎の残高が一致していることを確認し、出来る限り取引先に対し残高確認書により確認を行うことが望ましいです。

3.受取手形の確認

受取手形のうち、裏書譲渡・割引手形を改めて確認し、その所在及び期日を再確認しておくことが望ましいです。

4.棚卸

自社の棚卸評価方法を再確認し、適正な実地棚卸が実施されるよう充分な準備が必要になります。
併せて、決算時点で適正在庫となるよう仕入の調整を行うことも有効です。

5.仮払金の整理

決算を迎えるにあたり、仮払金・立替金などについては、必ず整理しておく必要があります。

6.固定資産の確認

これまでに計上してある固定資産が実在するかどうかについて、棚卸をする必要があります。
既に滅失しているものは速やかにその理由を確認し、除却する必要があります。

7.買掛金残高の確認

締切り後の仕入について漏れなく計上する必要があります。
締切り後の仕入については必ず納品書等により確認してください。

8.未払金残高の確認

期間損益を求めるにあたり、当期発生した経費についても漏れなく計上する必要があります。
ただし、損金計上する為には、事業の用に供している必要がありますので、必ず使用実態を確認する必要があります。

9.売上高の確認

締切り後の売上についても漏れなく計上する必要があります。
万が一にも漏れた場合には、脱税行為となりますので、充分に注意が必要となります。

10.資産計上すべき取引の有無

備品消耗品費等、固定資産計上すべき取引が無いかどうかを確認し、資産計上すべきものについては計上し、決算前に適正な利益検討が出来るようにしておく必要があります。