会社設立についてのメインコンテンツ

顧問契約

法人を設立したタイミングで税理士と顧問契約を結ぶケースは非常に多く、これは会社設立と税理士の顧問契約をセットで考える方が非常に多いためとも言えます。
もちろん、税務関連の業務をご自身で行うだけの知識や時間等がある方は、税理士の顧問契約は必要ありませんが、多くの会社ではそういう訳にはいきません。

税理士を頼むタイミングとは

税理士に依頼するタイミングは、早くしておけば良かったという事はあっても、遅くしておけば良かったという事はありません。会社の規模に関わらず、早めの検討が肝心です。

顧問契約のメリット

会社を運営していく上で、経理や決算等、本来の業務以外の作業に時間や手間を取られたくはありません。経理や決算は専門家に任せれば、その分の時間を営業活動に専念できます。

税理士の選び方

実際に業務を依頼する税理士を選ぶにあたり、最も重要なのはお互いの相性です。会社目線で親身になって対応してくれる、そういった税理士が良い税理士と言えるでしょう。

経営のアドバイスもお任せ下さい

税理士の主な業務は、経理や決算といった事務的な作業がメインですが、資金面での経営アドバイスも税理士が本領を発揮できる業務の一つです。

芸能人・スポーツ選手の節税

高額の報酬を受け取る機会の多い芸能人やスポーツ選手にとって、節税対策はとても重要になってきます。脱税ではない節税を行う為にも、専門家の対応は必須です。

顧問契約のよくある質問

顧問契約に関して、よく寄せられる質問をご紹介します。なお、こちらにない不明点・疑問点がある場合は、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽に連絡ください。