会社設立についてのメインコンテンツ

経営のアドバイスもお任せ下さい

会社が健全な経営を続けていくためには、ときに経営の抜本的な改善が必要となることもあります。
利益を出すために必要なことは以下の3つです。

  1. 売上を増やす
  2. 経費を減らす
  3. 資金繰りを改善する

この3点が実践されれば、経営は健全化に向かうものですが、知識を持たないままやみくもに進めてしまうと判断を誤り、マイナスに陥ってしまう恐れもあります。

節税=経費削減ではありません

経費削減と聞くと、最初に節税を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、節税のために安易に設備投資や保険加入をしてしまうと、余計な経費が出ていくことになり、逆効果になる場合もあります。
手元に多くの資金を残すためには、目先の節税などではなく、長期的な視野で経費削減を考える必要があります。

資金調達のために必要なこと

資金繰り改善の第一歩である資金調達。そのためには、金融機関からの借入が一番の近道ですが、借入にあたり担保を用意する必要があります。
ところが、すべての会社に十分な担保力があるわけではありません。
そんな場合には、信用保証協会を利用します。
ただし、信用保証協会にも担保を提出する必要があります。
そこで必要になってくるのが「経営計画」です。
経営計画が信用保証協会に認可されれば融資を受けやすくなり、納税においても優遇措置を受けられます。
※信用保証協会とは中小企業が金融機関から事業資金の融資を受ける際にその保証人となり借入を容易にする公的機関です。

売上よりも利益を追求する

売上とは、単純に言うと「単価×売れた商品の個数」のことです。
売上が伸びると事業が好調な印象を受けますが、ここで覚えておきたいのは、「売上」より「利益」のほうが重要であるということです。
薄利多売なビジネスモデルの場合、売上が伸びても利益そのものは伸びていないというケースが多々あります。
売上だけに注目してしまうと、自然と価格競争に陥ってしまいがちですが、それでは不十分です。
そこで、商品の単価を上げるために付加価値を加えるなどの知恵が必要になります。