会社設立についてのメインコンテンツ

顧問契約のメリット

顧問契約のメリットイメージ

税理士は、税金に関する相談、手続代行、書類作成などを行う税務の専門家です。
また、財務数値に精通しているので企業の経営分析や財務診断を行い、経営のアドバイザーとしての役割も担います。
そして、税理士の果たす役割の重要性、税理士報酬を上回る効果に鑑み、多くの企業が税理士と顧問契約を結び、税務のみならず様々な経営のアドバイスを受けています。

1.すぐに税理士に相談できる

スポット(単発)の相談の場合、事前にお客様の氏名や住所などのプロフィール、また相談事項に関する状況など、様々な情報をヒアリングしてから回答する必要があります。
しかしこれでは、企業にとって大事な財産である「時間」が失われ、迅速に対応ができず、ビジネスチャンスを逃すことになりかねません。
継続的な税務顧問契約を結ぶことで、困ったときに即座に税理士に相談できますので、無駄な時間を費やすことがありません。

2.税理士が内情を把握できる

スポットの相談の場合、税理士が企業の内情や状況を把握するために、事前のリサーチに時間がかかり、その分コストが余計にかかるケースがあります。
また、スポット相談時の状況がその後変化してしまって、せっかくコストをかけて得た回答が役に立たなくなるケースもあります。
税法の世界は毎年改正が行われ、一時として同じ状況が継続することはありません。
従いまして、継続的に企業の内情を税理士が把握することにより、状況に応じた適切なアドバイスをすることが可能となります。

3.信頼関係を構築できる

スポットの相談の場合、企業と税理士との信頼関係を構築する時間がなく、お互い分かりあえないままに、税務相談が終了してしまうことも少なくありません。
ビジネスの成功の鍵は、企業と専門家である税理士との間に、固い信頼関係が構築されることにあると考えます。

4.顧問料を節約できる

スポット相談の時間あたり費用は、税務顧問契約の費用に比べて高く設定されています。
税務顧問契約をしていただくことで、単発の相談にかかるコストよりも、比較的安いコストでの相談が可能となります。

5.税務調査への対応

税務署から電話がかかってきただけで、経営者の方は動揺されると思われます。
また、税務調査となるとその対応に追われ、業務に支障が生じる可能性があります。
更に、調査に対応するための専門知識の問題もあります。
税理士と顧問契約をかわしている場合には、税理士が税務調査対応を行う上、定期的に経理業務をチェックしていることにより、スムーズに税務調査が行われるよう自前対策し、税務調査により指摘されるリスクの軽減が期待されます。

6.経営に必要な情報の提供

税理士には、企業経営に必要なありとあらゆる情報が集まります。
その情報の中には有益な法律上の特例や、事前に届出をすることにより受けられる特典も様々ございます。
税制改正、融資、助成金、保証制度、中小企業庁の施策、ビジネスマッチング等、企業経営に必要な情報をいち早く知ることができます。

その他のメリット