会社設立についてのメインコンテンツ

会社設立のメリット・デメリット

メリット

個人事業よりも信用性や知名度が高まる

多くの出資を受ける事が可能

税制上有利である場合が多い

経費の認められる範囲が広い

会社には相続税が発生しない

倒産時、社長は借金を負わない

個人と会社ではビジネス上の信用力が全く違います。
取引条件として会社であることが要求されたり、あるいは行政の許認可が必要なビジネスを行う場合、会社であることが許認可の前提条件である場合もあります。
また、一定の制限はありますが、個人よりも経費として認められる範囲が広がり、社長個人とは別人格の会社から給料をもらう形になることなどで、節税の効果も発生します。
そして会社(合名会社と合資会社は除きます)の場合、経営者は出資した範囲のみで責任を負えばいい(有限責任といいます)ことになっていますので、事業が失敗しても社長個人は出資金が返ってこないリスクのみで、借金を背負わずに済みます。

デメリット

設立するための費用がかかる

運営上の手続きが煩雑

利益がゼロやマイナスでも法人住民税が発生

役員の任期がある(最長で10年間)

決算の公告義務がある

会社設立には、株式会社の場合は20万円、合同会社なら6万円の費用がかかります。
また、国や自治体に対する様々な手続き(税金や登記など)が継続的に発生するため、事務手続に多大な時間と費用を要します。
また、会社は年間の利益がゼロあるいはマイナスであった場合でも、法人住民税として年間7万円を支払わなければなりません。これは個人事業であれば支払わなくていい費用です。

会社設立のメリットに関する基礎知識